Overview about this real estate

story

京都の東のメインストリートである白川通(北白川通)沿いの東南向き角地です。

東側・南側ともに間口が広く、すっきりとした土地形状のため、プランニングのしやすさも特徴です。物件から白川通に沿って南へ行くと京都造形芸術大学や京都芸術デザイン専門学校があり、日々多くの学生が行き交う活気あふれるエリアが広がります。周囲には医院や薬局、飲食店、自動車販売店など多様な建物が並び、様々な用途が見込めます。建築条件無しのためお好きな工務店で建築していただけます。

Point about this real estate

look 1/1