• 上京区の京町家
  • 上京区の京町家
  • 上京区の京町家

上京区
上京区の京町家

増築によって坪庭が潰され、暗く閉鎖的だった京町家。
増築部分を取り払い、坪庭を造ることで、光と風が舞い込む京町家を再生しました。
暮らしやすさに配慮しながらも、京唐紙の襖、古建具、京都の旅館や寺院をヒントにした飾り棚などをしつらえ、随所に「小さな京都らしさ」を感じられる町家にリノベーションしています。

大正時代から残る京町家
PLANNING

大正時代から残る京町家。

資料によると、少なくとも大正元年には現存していたことが読み取れる京町家。
1階の外壁は古びたパネルで覆われ、2階の外壁に貼られた杉板は痛みが目立つ状態でした。建築当時の姿を再現するため、パネルと杉板を撤去し、漆喰を塗り直します。アルミ製の簡素な玄関ドアと格子は、古色塗りの木製ドアと木製格子に造り変えます。

坪庭の再生
PLANNING

坪庭を再生する。

間口が広くすっきりとした外観に反して、家の中は真っ暗で閉鎖的な空間。
元々家の奥にあった坪庭が増築によって潰されていたため、家の中に光が入らない状態になっていました。今回のリノベーションで、増築部分を取り払い、家の奥に坪庭を再生。坪庭により採光と通風を確保していた京町家本来の姿を再現するとともに、光と風が通り抜ける住み心地の良い空間に生まれ変わります。

古建具
REUSE

受け継ぐ古建具。

京町家のしつらえに欠かせない古建具には、新しい建具には出せない独特の趣と味わいがあります。元々この町家に残る古建具をできるかぎり大切に補修・調整し、次の住み手に引き継ぎます。

アフター

  • 大正時代の面影を再現
  • 一本一本、職人の手で作られた木製格子
  • 古建具と梁がリズムを生み出すリビング
  • 坪庭を再生、光と風を取り戻す
  • 小さな縁側から坪庭をながめて
  • 縁側を飾る「光琳松」の京からかみ襖
  • お気に入りの本や雑貨をディスプレイ
  • 飾り棚で京うちわのしつらえを楽しむ