• 角地の町家
  • 角地の町家
  • 角地の町家
  • 角地の町家

上京区
角地の町家

京町家と聞いて思い浮かぶのが、間口に対して奥行が長い「鰻の寝床」。細く入り組んだ路地に間口の狭い町家が立ち並ぶイメージをされる方が多いかもしれません。

この「角地の町家」は、広い道路に面した角地に建つ希少な立地の京町家。その堂々とした姿は、鰻の寝床のイメージを払拭する佇まいです。外観は角地の開放感をそのまま生かし、室内は採光や質感にこだわって落ち着いた雰囲気に仕上げた、大人のための京町家です。

外観
CORNER LOT

角地の町家。

角地に佇む京町家。周囲には京町家が軒を連ね、風情ある昔の面影を今に伝えていました。この町家の堂々とした佇まいと周囲の家並みを大切に、町家らしさを保ったままリノベーションを行います。町家の顔となる正面の漆喰壁は、京町家の再生を数多く手掛ける熟練の左官職人により、格子等の木部の古色となじみが良く町並みにすっと溶け込む浅葱色で仕上げます。

アフター

  • 堂々、角地の町家
  • 町家の面影を保つ和室
  • 格子が陰影を描く
  • 無垢材のぬくもりが心地良い空間
  • 古建具が空間を引きたてる
  • 洋室に小さな書斎を備え付けて
  • 窓の外に瓦屋根をのぞむ
  • 京町家が連なる町並み