Overview about this real estate

story

大正時代の登記記録が残る3軒の織屋建京町家のうち、東端と真ん中に建つ京町家を全面リノベーションしました。

東棟の京町家は通り庭の風情を伝えるため、玄関から建物の奥まで一直線にはしる空間を残しています。
その横には3室の居室が縦一列に並び、建物の奥へと続く直線ラインを意識することで、視線を奥へと導き空間に奥行を生み出しています。
2階は階高が低いですが、限られた空間を最大限に生かし、小さなウォークインクローゼットと書斎のある寝室、吹き抜けを見下ろす洋室など、暮らしやすさに配慮してプランニングしています。

Point about this real estate

look 1/3

Point about this real estate

look 2/3

Point about this real estate

look 3/3