新規物件「中庭のある家」販売開始のお知らせ

新規物件 改装済中古一戸建「中庭のある家」の販売を開始いたしました。

物件詳細はこちらをご覧ください。

 

白川北大路の交差点を少し北へ上がり、白川通を東へ約90mほど進んだ先に建つ3LDK+駐車スペースの2階建(中2階有)の中古一戸建住宅です。
幅員約6mのゆったりとした道に面し、周囲の家々がそれほど建て込んでいないため、明るく落ち着いた環境が広がります。

元々デザインや導線など随所にこだわりを持って造られた建物のため、改装ではそれらのこだわりをそのまま残しながら気持ちよくお住まいいただけるよう、水回り設備の入れ替えやフローリング・クロスの貼り替え、ハウスクリーニング等を行いました。

 

 

 

この建物の中で最も印象的なのが1階の中庭です。

リビング・ダイニングに面した小さな中庭。L字に取られた開口部から、柔らかい光と風が室内に届き、家の中にいながら開放感を味わうことができます。
中庭はタイル敷き(一部砂利敷き)のため、外部空間でありながら室内の延長のような印象があり、自分好みの鉢植えを置くだけで日々の生活の中に自然を感じられる特別な空間になります。
LDKは約21.7帖とゆとりがあり、ご家族でも十分にくつろげるスペースが広がっています。

 

キッチン以外の水回り機能が中2階に集約されているユニークな間取りもこの家の特徴です。
今回の改装により入れ替えた洗面化粧台は間口が広く、両サイドに物を置く空間が十分にあるため、朝の身支度も気持ちよく行えます。洗面化粧台横には背の高い棚があり、洗面回りの収納スペースに困ることはありません。
トイレは洗面化粧台横の他に個室でもう1か所備えています。

 

 

2階には洋室が3室あります。
写真は3室のうち、中庭の吹き抜けに面した8.8帖の洋室と8.5帖の洋室。2部屋の入口は独立していますが、壁ではなく引き込み式の建具で仕切られているため、家族構成や用途に応じて自由に使い方を変えることができます。

もう1室の洋室は約11帖とご夫婦の寝室にも適した広さ。各居室に十分な広さがある点もポイントです。

中古住宅「中庭のある家」リノベーションの様子

改装が終盤に差し掛かった中古住宅の現場確認を行いました。

大通りのほど近くに建つ中古一戸建です。
周囲には閑静な住宅街が続き、前面道路が広いため、落ち着きと開放感を兼ね備えた立地です。

 

 

元々こだわりを持って造られた建物のため、そのデザイン性の高さをそのまま残し、水回り設備・クロス・フローリング等を新しく入れ替えています。
間取りは3LDKのため、ご家族でもお住まいいただけます。

 

写真は中庭のあるLDK。庭に面したL字の開口部が空間に開放感を与えています。
腰高の造作収納棚を挟んでリビング・ダイニングと隣接するキッチンは間口の広さが特徴。キッチンカウンター横にはゴミ箱や収納ボックスを置ける空スペースも備えたゆとりある空間です。

 

 

新しく入れ替えた洗面化粧台は広いカウンターに三面鏡を備えているため使い勝手が良く、また写真には写っていませんが、手前には背の高い収納も設置しています。
トイレは洗面化粧台横の他に、個室でもう1か所備えています。

その他室内は白でまとめた壁・天井に深緑の造作建具をアクセントとし、モダンなテイストに仕上げています。

ウェブサイト掲載まで今しばらくお待ちください。

新規物件【北白川の建築条件無し売土地】初の現地案内会のお知らせ

新規物件【北白川の建築条件無し売土地】の販売を開始致しました。

物件詳細はこちらをご覧ください。

****************************
□初の現地案内会開催
6/2(土)・3(日) 14:00-16:00

ご予約は不要です。どうぞお気軽にお越しください。

※駐車場はございませんので当日は公共交通機関
または近隣のパーキングをご利用下さい。
****************************

 

 

京都の東のメインストリートである白川通(写真下)と今出川通の交差点を少し北へ上がり、白川通より東へわずか30mほど入った場所に広がる、建築条件無し売土地物件(古家付)です。

敷地面積は約76坪(公簿)とゆとりの広さ。建築条件無しのため、お好きな工務店で建築していただけます。

 

物件が位置する左京区北白川は、並木道の美しい白川通を中心に広がるエリアで、京都屈指の高級住宅街として知られています。

銀閣寺や哲学の道にほど近く、白川通沿いには老舗のベーカリー&レストラン、カフェ、アンティークショップなど、雑誌などメディアに取り上げられるこだわりの店舗が軒を連ね、市内中心部とは異なる落ち着いた雰囲気があります。
一方、西に京都大学(自転車で約5分)、北に京都造形芸術大学(自転車で約3分)があり、日々多くの学生が行き交い活気溢れるエリアでもあります。

 


幅員約2.8m~3mの前道は綺麗に舗装されていて、物件前から西を見遣ると白川通を望みます。
白川通と物件の間に位置する西隣地が広いパーキングのため、白川通の開放感を損なわず、通風・採光に恵まれた物件です。

徒歩圏内にはスーパー、郵便局、金融機関、病院、ディスカウントショップなど生活に必要な施設が揃います。
また徒歩1分の場所には京都バス・京都市バス「北白川校前」停が、徒歩4分の場所には京都市バス「銀閣寺道」停があり、「銀閣寺道」停からは京都駅行きの急行バスや、四条河原町・祇園・岡崎・金閣寺・北大路など京都市内の主要なエリアへアクセス可能なバスが運行する便利な立地です。

 

大通りからのアクセスの良さ、視認性の高さ、閑静な環境、広い敷地、生活利便の良さを生かし、マンションや投資用ビルなどの収益用地、ゆったりとしたご自宅や二世帯住宅など住宅用地におすすめです。

6/2(土)・3(日) 14:00~16:00
初の現地案内会へのお越しをお待ちしております。

 

新規リノベーション物件【大徳寺東 丸窓のある京町家】オープンハウス開催のお知らせ

新規リノベーション物件【大徳寺東 丸窓のある京町家】の販売を開始致しました。
物件詳細はこちらをご覧ください

地下鉄烏丸線「北大路」駅から徒歩12分、大徳寺の東、大宮商店街のすぐ傍に広がる閑静な街に建つ京町家を全面リノベーションしました。

*******************************

□初のオープンハウスを開催いたします
今週末5/12(土)・13(日) 14:00-16:00

ご予約は不要です。どうぞお気軽にお越しください。

※駐車場はありませんので当日は公共交通機関をご利用下さい。
※恐れいりますがオープンハウス前のご案内は承っておりません。

*******************************

2階の丸窓が印象的な京町家。三方道路と採光に恵まれた立地で、特に南側道路の幅員が約5.4mと広い点が特徴です。周囲には京町家が残り、落ち着いた家並みが続きます。

 

 

今回のリノベーションでは元々この町家が持つ風情を残すため、既存の意匠を修復・再生することに注力しました。

中でも最も特徴的なのが2階中央に位置する和室の丸窓です。
最初にこの町家を訪れた時に一番印象深かった丸窓は、この建物のシンボルとして既存の形状のまま修復し、古いFIXガラスと内障子を取替えました。内障子越しに浮かび上がる丸いシルエットがインテリアのように空間を風情を高めています。

また、天井の仕上げを部屋ごとに大きく変えることで、平坦になりがちな町家の空間に変化を与えています。
丸窓のある和室の天井は元は竿縁天井でしたが、部屋の広さが4.5帖とやや小ぶりなため、幅広の材を目透かし張りにすることで、空間を伸びやかに見せています。

 

丸窓のある部屋の横には2面採光の明るい書斎があります。
既存のコーナー窓の大開口をそのまま生かし、サッシを入れ替えています。
コーナー窓の外に設置された手摺は既存のものを補修・塗装して利用しています。外観にアクセントを加えています。

 

書斎の天井は代用萩の化粧板で仕上げています。
代用萩は町家のすだれ等によく使用される材で、一本一本異なる節の表情や色合いが繊細で美しく、和室にも洋室にもよく馴染みます。
採光に恵まれた空間のため、天井を暗めのトーンで仕上げることで落ち着いた印象を醸し出しています。

 

丸窓のある和室を挟んで書斎の反対側に位置する寝室。丁寧に修復した既存の床の間、ゆったりとした京間畳、外部からの自然光を和らげる障子が心からくつろげる雰囲気をつくり出しています。
この部屋の天井は既存の船底天井を修復・再生しています。棟木の丸太は既存のものに洗いを掛けて再利用し、天井板は新しいものに取り換え、元の風情を損なわずに改修しました。
極力照明を抑えた落ち着きある空間にゆったりとした船底天井が開放感を加え、寝室に適した部屋となっています。

 

5/12(土)・13(日) 14:00-16:00開催の初のオープンハウス、ご来場をお待ちしております。

新規物件「京都上京ハウス405」販売開始のお知らせ

新規物件「京都上京ハウス405号室」を掲載いたしました。
千本通に面して建つ3LDKの中古マンションのご紹介です。

物件詳細はこちらをご覧ください

 

京都上京ハウスは、千本通今出川を少し下がり、千本通に面して建つ4棟から成る大型マンションです。
千本通には大型スーパーや個人商店、飲食店、ファストフード店、病院、薬局、美容院など多種多様な店舗がずらりと並ぶ「西陣千本商店街」があり、生活に必要な物が揃う便利な立地です。その活気とユニークな店舗の多さから、ここ最近注目を集めるエリアです。地下鉄やJR等の駅までは少し遠いですが、最寄のバス停(京都市バス)までは徒歩3分と利便性が良く、四条河原町や京都駅、二条駅、岡崎など、京都の主要なエリアへのバスが運行しています。

 

千本通に面したアプローチを抜けると、エントランスの正面に広い光庭があります。
総戸数173戸・総棟数4棟と京都市内では大型のマンションですが、広い光庭が敷地の中央に取られているため閉塞感を感じさせません。
物件の撮影日はよく晴れた日でしたが、光庭から千本通へとても心地良い風と光が抜けていました。

 

物件は4階に位置する約63㎡の住戸です。
最大の特徴は間口約5.5mのバルコニー。千本通をのぞむ間口の広いバルコニーから自然光と風が室内に舞い込みます。
部屋の間取りは、玄関の両側に居室と水回りを備えた廊下を抜けると、奥にLDKと2間続きの和室がある典型的な3LDKタイプで、ファミリーでもお住まいいただける広さです。室内は改装が必要ですが、大きな間口と余裕のある間取りを生かして、自分好みの住まいをつくり上げる楽しみがあります。

 

バルコニーからの眺望です。バルコニーからは千本通をのぞみます。
ちょうどこの部屋の正面には背の高い建物がほとんど建っていないため、千本通へと抜けるすがすがしい眺めが広がっています。窓を開け放てば気持ちの良い風が室内へと流れ込んできます。

 

費用を抑えながらある程度の広さのあるマンションをお探しの方、自分好みのリノベーションを楽しみたい方、買い物施設やバス停が近く生活利便性の良い場所に住みたい方におすすめの物件です。
どうぞお気軽にお問合せください。

「丸窓の京町家」リノベーションの様子

先日ブログにてご紹介した明治築の京町家に続き、「丸窓のある京町家」の改装が終盤に差し掛かりました。

既存の丸窓をそのまま残し、隣り合う寝室(和室)と書斎(洋室)へと改装しています。
前道の幅員が広いため、丸窓には透明ガラスをはめ込み豊かな採光と眺望を確保しています。丸窓の内側には引分けの障子を設置していますが、障子を閉めても丸窓のシルエットが美しく浮かび上がり、その風情を楽しむことができます。

丸窓の横、書斎側には大きなコーナー窓があり、広い前道へと視線が抜けるすがすがしい空間です。収納横の壁面には書斎として使えるよう小さなカウンターテーブルと棚を設けていますが、窓前に愛用の書斎机と椅子を置いて、窓の外に広がる開放感を楽しみながら作業をするのも良いかもしれません。

 

こちらは玄関間の様子。表の通りに面した窓から格子越しに柔らかい光が射し込みます。

地袋には、いつもお世話になっている「京からかみ 丸二」さんの唐紙をあしらっています。
唐紙は原紙・摺り色・紋様の組み合わせ方が無数にあり、どういった組み合わせを選ぶべきかいつも頭を悩ませるのですが、楽しい作業でもあります。毎回、建物や所在地の歴史、部屋の使用用途、建物全体の雰囲気など様々な要素を考慮して選定しています。
この町家では、周囲の壁と馴染む唐氏色の原紙に、格式高い利休大桐の紋様をあしらいました。摺り色はキラとし、紋様の印象の強さを残しつつ上品に仕上げています。

 

玄関間にしつらえた古建具。この町家は既存の古建具がほとんど残されていなかったため、古建具店で新たに選定したものも併せて設置しています。柱と梁で構成される京町家は建具が部屋の印象を大きく左右するため、デザイン性に富み、かつ建物の風情を損なわないような上品な建具を選ぶようにしています。特に、写真の様に細かな桟があしらわれた建具は、桟の隙間から隣接する空間が僅かに覗くことで、空間に奥行と立体感が生まれます。

 

間もなく完成となります。販売開始まで今しばらくお待ち下さい。

※誠に恐れいりますが販売前の物件詳細についてのお問い合わせにはお答えしておりません。何卒ご了承下さいますようお願い申し上げます。

「明治時代の京町家」リノベーションの様子

 

昨年から改装を行っていた京町家がようやく工事完了を迎えます。

正確な築年数は不明ですが、明治時代に建てられたと思われる2階建の京町家です。落ち着いた通りに面しており、室内は十分な広さがあります。縦にミセノマ・中の間・ダイドコ・座敷の4室が並び、その奥に坪庭を構える典型的な京町家の間取りを有していました。

この町家の持つ趣を生かすため、縦に居室が並ぶ間取りをそのまま残して改装しています。天井は既存の大和天井・竿縁天井ともに比較的状態が良く、幅広で質の良い天井板が使われていたため、最低限の修復のみ行い、年数を経た材にしか出せない艶や質感を生かしています。

座敷の既存の床柱は、現代では希少な赤松をそのまま利用。元は床柱に食い込むように造作棚が設置されていましたが、造作棚を撤去し、古材と竹を使ったシンプルな吊り棚をつくりました。

ダイドコには元々この場所に残されていた小さな箱階段を設えています。箱階段も建物と同じく明治のものと思われるため、経年変化による劣化がありましたが、丁寧に解体・修復して再生しました。一応箱階段から2階へ上がることも可能ですが、勾配が非常に急で踏面も狭いため、この家の歴史を感じられるインテリア的な要素としてディスプレイしています。垂れ壁の後ろにスポットライトを仕込み、箱階段を印象的に照らすよう工夫しています。

 

2階の居室から階段を見下ろしたところ。
階段部分は京町家の火袋を模した吹き抜けの空間にしています。天窓を設け、暗くなりがちな町家の中央部分に光を落としています。階段横の壁は既存の柱をあらわし、既存の壁の凹凸をそのまま残した上で修復しています。天窓からの柔らかい光が凹凸に描く陰影は、時間や陽の入り方によって刻々と変化し、一日中眺めていても飽きることがありません。

 

2階の階段奥には小さなテラスのような余剰空間を設けています。
当初は居室にする予定でしたが、火袋(吹き抜け)の趣を残すために壁を造らず、手摺越しに階下を見下ろす遊び心のあるスペースにしています。背面には既存窓をそのまま残しているため、光が射し込む明るい空間です。

これから畳や古建具、唐紙襖が入り、改装完了となります。
完成まで今しばらくお待ちください。

※誠に恐れ入りますが、販売前の物件詳細等についてのお問い合わせにはお答えしておりません。何卒ご了承下さいますようお願い申し上げます。

新規プロジェクト「御所北の京町家」開始のお知らせ

新規プロジェクト【御所北の京町家】を開始いたしました。
プロジェクト【御所北の京町家】詳細はこちら

 

 

広大な敷地に豊かな緑と数多くの歴史的建造物を有する御所(京都御苑)。14世紀から明治初期まで内裏であった御所は、現在もなお京都の象徴的な存在として佇み続けています。現在はちょうど桜の見頃を迎え、多くの人々が御所内の散策を楽しんでいます。

御所の周辺はその歴史の深さをうかがわせるように広い通りに建物が並び、閑静な雰囲気が広がっています。大通りを一本入れば京町家が軒を連なる風情ある町並みが残されているのも特徴です。

 

【御所北の京町家】はそんな閑静なエリアをはしる広い通りに面した2階建の京町家です。

 

 

最初にこの町家に足を踏み入れた時、石敷きの通り庭が目に飛び込んできました。

通り庭とは、京町家を玄関から奥(坪庭)まで一直線にはしる細長い土間の事です。
手前側は主に商売に使う公的空間に、暖簾等で仕切られた奥側は炊事場等の私的空間として使われきました。奥側の上部には吹き抜けが広がり、高い位置に設けた窓で採光を確保します。隣家からのプライバシーの確保、吹き抜けによる延焼防止等の機能を持ちます。
また、細長く仄暗い土間の奥にぼんやりと浮かび上がる坪庭の緑、天窓からの光が壁や古い柱に描く柔らかな陰影など、日本的な美しさも備えた空間です。

しかし時代と共に、通り庭は床レベルを上げて居室に組み込まれ、あるいは水回りに改装され、次第に姿を消していきました。私達が扱う未改装の町家も通り庭が残されているものは非常に少なく、大半が居室の一部や洗面・浴室等に改装されています。

 

【御所北の京町家】は1階の手前側一面が広い土間に改装されていましたが、その奥に、石の敷かれた風情ある通り庭の一部が残されていました。通り庭の奥、元は坪庭であったと思われる場所は土間が打たれ、作業場の様な空間に改装されていました。

そこで、【御所北の京町家】プロジェクトでは、コンセプトを【通り庭の再生】とし、通り庭をかつての様に玄関側から奥まで一直線に通し、この町家の元の姿を再現します。また、坪庭を再生し、ふたたび光と風が通り抜ける京町家をつくります。

通り庭という余剰空間が、日々の暮らしに豊かさをもたらします。