Overview about this real estate

story

御所(京都御苑)の北西に広がる閑静なエリアに、明治時代の登記記録が残る京町家。この京町家に残されていた通り庭を再生し、その風情を引き継ぎました。(2019年3月全面リノベーション済)

プロジェクト「御所北の京町家」

建物の中に一歩足を踏み入れると、玄関から一直線にはしる通り庭が坪庭へと視線を導き、非日常の空間が広がります。通り庭には既存の敷石を並べ、この京町家の記億を今に引き継いでいます。奥は土間が増築されていましたが、土間を取り払い坪庭に戻すことで、再び光と風の通る京町家となりました。
通り庭の梁にはピクチャーレールを設置し、単なる通路としてだけではなく、小さなギャラリーとしても活用できるようにしています。レールの向かいに設置したスポットライトが作品を照らし、質感豊かな塗り壁に作品が浮かび上がる、アート空間へと変貌します。

Point about this real estate

look 1/4

Point about this real estate

look 2/4

Point about this real estate

look 3/4

Point about this real estate

look 4/4