天神さんのそば 梅が香(うめがか)の家 物件詳細③

梅の名所、北野天満宮の東に立つ全面リノベーション済の家。
梅のしつらえとともに、京都らしい風情ある街で暮らしたいかたに。

天神さんのそば 梅が香(うめがか)の家

前回のブログ

■初のオープンハウス開催(予約不要)
6/15(土) 13:00-16:00
※駐車場はございません。公共交通機関等をご利用ください。
※恐れ入りますが初回オープンハウス前のご案内は承っておりません。

京都の北野天満宮近くのリノベーション中古物件の廊下と古建具

2階の廊下を見て。廊下をはさんで北側に和室、南側に洋室がある、使いやすい間取りです。
和室と洋室の入口は、それぞれ同じ意匠の古建具をしつらえ、統一感のある空間に。透かし彫りの帯と格子があしらわれた、個性的なデザインです。

京都の北野天満宮近くのリノベーション物件の床の間のある和室

北側の和室。既存の床の間を生かしてリノベーションした、元々の家の趣が残る部屋です。北側も道路に面しているため、バルコニーを通って明るくおだやかな光が舞い込みます。天井は竿縁天井で、端正ですっきりとした印象です。

押し入れは現代の生活スタイルに合わせ、クローゼットに変更。ハンガーパイプが設置されているので、パイプに服を掛け、その下に布団をしまうことができます。
押し入れと天袋の襖紙は壁になじむ淡い色で、さりげなく梅の文様があしらわれています。

 

京都の北野天満宮近くのリノベーション中古物件の洋室

京都の北野天満宮近くのリノベーション中古物件の洋室

南側の洋室は9.1帖のゆとりある広さで、寝室+αとして使えそうな空間。天井に貼られた木材、フローリングや古建具の木部がナチュラルで暖かな部屋です。

クローゼットの横には小さなワークスペースを備えています。カウンターデスクの横にはコンセントが設置されているので、リモートワーク等のパソコン作業をしたり、テーブルライトを置いて就寝前の読書をしたりと、いろいろな使い方ができそうです。

 

北野天満宮

梅の名所、北野天満宮まで歩いて2分。約1500本もの梅が植わる広大な梅苑や、新緑と紅葉の美しいもみじ苑を有し、国内外から多くの人々が訪れます。境内を気軽に散歩できるのも、この場所ならではの楽しみです。

先日撮影に訪れた時はちょうど新緑の時期で、檜皮葺の屋根や古色の木部とみずみずしい緑の色合いが美しく、景色を楽しみながらのんびり散歩する方の姿も見られました。

毎月25日に開催される天神市では、骨董、古道具、食べ物などの出店がずらりとならび、普段とはまた違った活気あふれる雰囲気になります。

上七軒

京都五花街のひとつ、上七軒まで徒歩3分。上七軒は、室町時代、北野天満宮の再建で余った資材を使って7軒の茶屋が建てられたことが始まりと言われています。
石畳の道の両側に、有名菓子店、お茶屋、レストランなどがたちならぶ、京都らしい風情あふれるエリア。また、北野天満宮の近くにも話題の洋菓子店やかき氷の有名店、昔ながらの和菓子店などがあり、散策するだけでも楽しい街です。
お気に入りの和菓子をふらりと買いにいき家で堪能したり、友人とレストランや甘味処で食事やお茶を楽しんだり、そんな暮らしが思い描けます。

 

天神さんのそば 梅が香(うめがか)の家

 

天神さんのそば 梅が香(うめがか)の家 物件詳細②

“天神さん”の愛称で親しまれる梅の名所、北野天満宮から歩いて3分。
梅をしつらえたリノベーション物件の詳細についてお伝えします。

前回のブログ

天神さんのそば 梅が香(うめがか)の家

■初のオープンハウス開催(予約不要)
6/15(土) 13:00-16:00
※駐車場はございません。公共交通機関等をご利用ください。
※恐れ入りますが初回オープンハウス前のご案内は承っておりません。

 

北野天満宮近くの京都のリノベーション中古物件のリビングと和室

初めてこの家をおとずれたとき、ゆとりを感じる広さと、手前から奥にむかって部屋が縦にならぶ昔ながらの空間構成が、とても印象に残りました。リノベーションでは、元々この家が持つこれらの要素を大切に残したプランニングを行いました。

1階は、表の通りから奥にむかって和室・和室(ダイニン)・リビングが縦につらなる間取り。和室の横には玄関土間とキッチンがあり、キッチンとリビングはフローリング敷きで一体感のある空間になっています。

そして、元の家の趣を残しながらも広々とした空間にリズムが生まれるよう、和室2室はリビング・キッチンよりフロアレベルを上げることで、小上がりのような空間にしています。

 

京都の北野天満宮近くのリノベーション中古物件の和室と襖

京都の北野天満宮近くのリノベーション中古物件の和室と古建具

それぞれの部屋は古建具で仕切られていて、開け閉めによっていろいろな過ごし方ができます。和室-和室(ダイニング)と、和室(ダイニング)-リビングの古建具はそれぞれ壁に引き込める仕様。

たとえば、普段は全ての建具を開けて家族でゆったり過ごす、ご近所さんが来られたときは一番手前の和室で建具を閉めて気兼ねなくおしゃべりする、友人が止まりにきた時は和室2室を客間にするなど、暮らし方によって、空間の変化を楽しめます。

古建具は、いつもお世話になっている京都の古建具店で、膨大な古建具の中から意匠や状態を一枚一枚吟味して選んだものをしつらえています。
どの古建具もガラスや障子、木部の組み合わせに個性があり、大きなインテリアのように暮らしを彩ってくれる存在です。

 

京都市上京区の北野天満宮近くのリノベーション物件のリビング

京都市上京区の北野天満宮近くのリノベーション物件のリビング

和室からフロアレベルが一段さがったリビング。天井高が約3mもある、とても伸びやかな空間です。坪庭に面した窓と、階段上の窓から光が舞い込みます。
北側も道路に面し、さらに減築により坪庭がつくられたことで、リビングには一日中やわらかな光が射しこみ、心地よく過ごせそうです。
リビングには床暖房とエアコン1台が設置されているので、快適に暮らしていただけます。

天神さんのそば 梅が香(うめがか)の家

 

天神さんのそば 梅が香(うめがか)の家 物件詳細①

新規物件「天神さんのそば 梅が香(うめがか)の家」を掲載いたしました。

天神さんのそば 梅が香(うめがか)の家

前回のブログ

■初のオープンハウス開催(予約不要)
6/15(土) 13:00-16:00
※駐車場はございません。公共交通機関等をご利用ください。
※恐れ入りますが初回オープンハウス前のご案内は承っておりません。

 

リノベーション物件近くの北野天満宮と新緑

上京区に位置し、“天神さん”の愛称で親しまれる北野天満宮。

学問の神様・菅原道真を主祭神とする北野天満宮は、菅原道真に縁のある約50種1500本もの梅が植わる広大な梅苑を有する、京都有数の梅の名所です。

梅だけではなく新緑や紅葉が見られるもみじ苑も美しく、また毎月25日には骨董や古道具などがならぶ縁日が開かれるなど、国内外から多くの人々が訪れています。

梅が香の家は、北野天満宮の東門から東へ歩いて3分ほどの場所に立つ物件です。(2024年5月全面リノベーション済)

 

京都の北野天満宮近くのリノベーション物件の和室と唐紙

京都のリノベーション物件の京唐紙の襖

リノベーションにあたり、この家が北野天満宮のそばに立つことから、梅のしつらえを取り入れたプランニングを行いました。

ひとつめのしつらえは、大小梅の丸の京からかみ襖。

1階の表の通りに面した和室に、大小梅の丸という文様の襖が4枚あしらわれています。梅の木を丸くたわめた、格式高さの中に親しみやすさを感じる文様です。

梅の文様はいくつか種類がありますが、その中でも梅の花の造形がしっかりと表現された、華やかな文様を選んでいます。一方で、襖が4枚と面積が大きいことから、原紙(襖紙)と摺り色は主張しすぎずに家に溶けこむよう、原紙は左官の塗り壁に似た色、摺り色は素朴な雲母(キラ)を組み合わせています。

格子越しの光をうけて文様が静かにかがやく様子は、アート作品のようです。
唐紙は、いつもお世話になっている京からかみの老舗・丸二さんに作成していただきました。

京からかみ 丸二

 

北野天満宮近くのリノベーション物件の坪庭に植えた白梅

ふたつめのしつらえは、坪庭の白梅。

減築により新たにもうけた坪庭の一番手前に、白梅を植えています。

家の中に光と風を取りこむため、元々は増築により暗く閉ざされていた北側奥を一部減築し、坪庭をもうけました。そして、京町家等の坪庭の造園を長らくお願いしている庭師のかたとともに現地を訪れ、この家のコンセプトや、家の中からの坪庭の見え方などについて打ち合わせを行い、坪庭のプランニングを進めました。

この家のシンボリックな存在となる白梅は、家の中から見えやすいよう一番手前に配しています。梅を際立たせながらも奥行きが感じられるよう、雪見灯篭や延べ石を配した、控え目で趣ある坪庭です。
濃色の焼杉板塀を背景に、白梅の花が映える様子が目に浮かびます。

 

北野天満宮近くのリノベーション物件の和室と梅の襖

みっつめのしつらえは、2階北側の和室の襖。

収納の戸に、“梅花”と名付けられた、梅の花と枝が描かれた襖を使っています。

既存の床の間を再生した、元の家の姿を色濃く残す和室。北側も道路に面しているので、バルコニーから光が射しこむ明るい部屋です。
現代の生活スタイルにあわせて、和室ですが押し入れをクローゼットをそなえています。元々あった天袋にも、クローゼットと同じく梅花の襖をしつらえています。

寝室、書斎、客間など、さまざまな使い方ができる、明るく居心地の良い空間です。

天神さんのそば 梅が香の家

 

学生のまち 吉田の家/PJ リノベーションプランの打ち合わせ②

京都大学の広大なキャンパスがあり、文教地区として知られる左京区の吉田に建つ、間口が広い家。リノベーションプランの打ち合わせを重ねています。

前回のブログ

吉田の家の最大の特徴は、広い間口。その開放感を生かすため、庭に面して大きな開口部をもうけるとともに、庭をのぞむキッチンとダイニングテーブルを設置するプラン案を検討しました。

写真は弊社リノベーション物件のキッチンとダイニングテーブル。
この物件も広い間口を生かして、キッチンとダイニングテーブルを横並びに造作しました。
御前四条上るの家

吉田の家も、この物件のようにキッチンとダイニングテーブルが並ぶようレイアウトする予定です。
キッチンで料理や洗い物の途中、食事中、コーヒーを飲みながら一息つくとき、ふと視線を上げると、大きな開口部から見える庭の緑が目をいやしてくれます。ダイニングテーブルがすぐ横にあるので、配膳や片付けも楽です。
また、開放感を最大限に生かすため、キッチン上部に吊戸棚は設置せず、そのかわりにキッチンとテーブルの背面に容量の大きい収納をもうけるプランニングです。

※誠に恐れいりますが、販売開始前の物件の詳細についてはお答えいたしかねます。何卒ご了承ください。

寺社仏閣のそばの家 リノベーションの様子④

有名な寺社仏閣の近くに立つ家。
リノベーションの様子をお伝えします。

前回のブログ

 

リノベーション工事も大詰めをむかえ、坪庭の造園も終えました。
今回のリノベーションでは、建物の奥を一部減築して、坪庭をもうけています。

この家の坪庭の構想は、まず、シンボルとなる庭木を決め、その庭木を中心とした坪庭を描くところから始まりました。
京町家などの坪庭の造園で長らくお世話になっている庭師のかたとともに現場をおとずれ、主役となる庭木、物件のコンセプト、坪庭全体のイメージを伝えながら、どのような坪庭をつくるか打ち合わせを行いました。

京都の寺社仏閣そばのリノベーション物件の坪庭

シンボルとなる庭木は坪庭の中心となるよう、一番手前に配しています。その奥には雪見灯篭が控え目に佇み、シンボル的な庭木と調和する木々や、みずみずしい苔が植わり、涼やかで趣を感じられる空間に。手前から奥にむかって敷かれた延べ石と自然石は、リズム感と奥行きを生み出しています。

家の中にいながら、豊かな自然と移りゆく季節を楽しめる暮らしになりそうです。

 

※誠に恐れいりますが、販売開始前の物件の詳細についてはお答えいたしかねます。何卒ご了承ください。

学生のまち 吉田の家/リノベーションプランの打ち合わせ

京都大学や鴨川が近く、学生街のにぎやかさと自然豊かで穏やかな空気感をもつ、左京区の吉田。
吉田に立つ家の、リノベーションプランの打ち合わせを行いました。

学生のまち 吉田の家/project

京都大学や鴨川近くの左京区の物件の型ガラス

吉田の住宅街に立つ、今では見ることが少なくなった型板ガラスがふんだんに使われた、ノスタルジックな雰囲気が残る建物。
この物件の一番の特徴は、とても広い間口です。間口を生かした家になるよう、建築士とリノベーションプランについてさまざまな意見を交わしました。

今回のリノベーションの主軸は、間口の広さがもたらす開放感を生かすこと。そのため、庭に向かって大きく開口部を取れるよう、窓周りのデザインを特に重視しています。

視覚的な開放感はもちろん、心地よく暮らすためには、通風や採光といった窓が持つ他の機能も重要です。庭が最もきれいに見えるのは幅広のFIX窓ですが、風が通るよう、ある程度の幅で開閉できる窓も必要になります。

開口部をどうデザインすれば良いか、窓のサイズや位置、開閉の有無や方法などについて、いろいろなパターンについて意見を出し合い、リノベーションプランが固まっていきました。

※誠に恐れいりますが、販売開始前の物件の詳細についてはお答えいたしかねます。何卒ご了承ください。

船岡温泉すぐの京町家 物件詳細

新規掲載「船岡温泉すぐの京町家」を掲載いたしました。
船岡温泉から歩いて2分の京町家です。

船岡温泉すぐの京町家

 

京町家中古物件すぐの船岡温泉

京町家の中古物件すぐの船岡温泉

北区紫野にある船岡温泉。

船岡山の南をはしる鞍馬口通を歩いていると、唐破風の門と重厚な石組が印象的な建物が目にとびこんできます。長い年月を刻んできたことがうかがえる、風情ある佇まいです。

船岡温泉は、元々は大正時代の料理旅館「船岡楼」の付属温泉でしたが、昭和になり、本格的に銭湯として営業が開始されたそうです。
中に入ると、色鮮やかで多様なデザインのマジョリカタイルや、かつて千本鞍馬口にあった菊水橋の石の欄干を移築した渡り廊下、京都の祭事が彫られた欄間など、華やかで趣ある装飾がほどこされています。脱衣所と浴場などが国の登録有形文化財に指定されていて、お湯だけでなく建物の鑑賞も楽しめます。

地元の方々の憩いの場としてはもちろん、近年は多くの観光客も訪れてにぎわいを見せる、有名な銭湯です。

 

船岡温泉すぐの京町家が位置する通り

物件は、船岡温泉の裏をはしる通りに位置しています。通りの両側と突き当りに京町家が立ちならぶ、ノスタルジックな風景が広がっています。

物件から船岡温泉までは歩いて2分(約160m)ととても近く、気軽に通えるのが魅力。夕方、洗面用具を手にふらりと歩いて船岡温泉に行ったり、日曜日は朝からゆったりお湯を楽しんだり、そんな暮らしが描けます。

近くには蕎麦の名店「手打ち蕎麦 かね井」、船岡温泉と同じく登録有形文化財に指定されている銭湯をリノベーションしたカフェ「さらさ西陣」、隠れた桜の名所の船岡山と建勲神社など、個性的あふれる人気店や、寺社仏閣や豊かな自然が歩いていける距離にあります。少し足を伸ばせば大徳寺や金閣寺へもアクセスできます。
船岡温泉の帰りにお蕎麦や一品料理を楽しんだり、寺社仏閣を散歩したあとカフェで一息ついたり、下町らしいのんびりした時間が流れるエリアです。

 

船岡温泉すぐの京町家物件の外観

建物は、大正11年の記録が残る総二階の京町家。玄関ドアや2階の肘掛け手すりはアルミ製ですが、木製に変えると、より趣のある町家になりそうです。

以前の所有者によって、2011年にスレート屋根の葺き替えとお風呂・洗面の入れ替え、2020年にキッチン・トイレの入れ替えが行われているので、費用をおさえたリノベーションをすることもできます。
船岡温泉が近いので、銭湯がお好きな方はお風呂にあまり手をかけず、船岡温泉を自宅のお風呂のように利用してみるのも良いかもしれません。

 

船岡温泉近くの京町家物件

室内はところどころ手を加えられていますが、奥に向かって縦に3室がならぶ、一列三室型の趣が残されています。

間取りは4DK+天井収納。登記簿謄本記載の延床面積が約90㎡とゆとりがあり、ゆったりと暮らせる広さです。奥の水回りや倉庫部分を減築して坪庭を再生すれば、光と風が通り、自然を身近に感じられるようになります。

一列三室型の間取りを残して京町家本来の姿を再現する、二室をつなげて広々と快適に過ごせるLDKにする、奥の一室を畳にやりかえて坪庭をのぞむ座敷にするなど、この町家をどうリノベーションしてどんなふうに過ごすか、想像がふくらみます。

 

船岡温泉近くの京町家物件の和室の眺望

船岡温泉近くの京町家物件の和室の眺望

2階はホールをはさんで和室が二室ある、使いやすい間取りです。表の通りに面した西側の窓からは京町家が立ちならぶ様子が見え、借景のながめが広がります。

 

京都の名所近くの京町家物件の和室と眺望

船岡温泉まで歩いて2分。
下町風情あふれる町で、のんびりと暮らしたいかたに。

船岡温泉すぐの京町家

 

 

京都大学向かいの町家店舗/賃貸 賃料変更

京都大学の向かい、今出川に面する京町家。

賃料を297,000円/月に変更いたしました。

百万遍という学生街ならではのにぎわい、東大路今出川の交差点に近く、今出川通に面する視認性の高さ、個性的な雰囲気の建物を生かして、飲食店やこだわりのショップをお考えのかたに。

京都大学向かいの町家店舗/賃貸

 

京都大学向かいの今出川通に面する京町家の店舗

名所近くの京町家

先日、京町家物件の撮影におとずれました。

京都の名所近くの京町家と京町家が立ち並ぶ通り

国内外から人々が訪れる名所のすぐ近く。大正時代の記録が残る町家です。

建物は、京町家が両側に立ちならび、風情ある通りに面しています。
通りの突き当りにも町家が軒を連ね、かつての京都の家並みを今に伝えています。

 

京都の名所近くの京町家物件の和室と眺望

 

名所近くの京町家物件の階段手摺り

建物はところどころ手がくわえられながらも、手前から奥にむかって一列に部屋がならぶ空間構成や、床の間のある和室などが残っていて、元々のこの町家の面影が感じられます。

暮らしやすい広さと間取りなので、どのようにリノベーションしてどんな生活を送るか、想像が膨らむ町家です。

近日中にウェブサイトに掲載いたします。
よろしければご覧ください。